しょうゆ味の「牡蠣鍋」【海の幸鍋料理レシピ】

Top >  海の幸鍋料理レシピ >  しょうゆ味の「牡蠣鍋」

しょうゆ味の「牡蠣鍋」

今回ご紹介します鍋料理レシピは、「牡蠣鍋」です。
以前、味噌味のブロッコリー牡蠣鍋をご紹介しましたが、今回は「しょうゆ味」の牡蠣鍋になります。


牡蠣の名産地としては広島が有名で、秋から冬が旬の時期と知られてはいますが、スーパーに行けばほぼ年中手に入る食材です。


牡蠣は基本的に雄、雌の区別はなく同体とされています。
蠣だけでもカキという意味ですが、あえて牡が付いていることには理由があります。


昔、カキの身を見てその形色合いが白子の身と同じにように見えた人々はカキを雄と勘違いし、カキにはきっと雄しかいないのだと判断したのです。
そこで蠣の前に牡(オス)という字をつけ、それが今日の牡蠣という漢字になったというわけです。


もしかしたら、牡(雄)に見えず牝(雌)に見えたのなら、名前は牝蠣に変わっていたのでしょうか。
雄と雌が同体とわかってからも、名前を牡牝蠣でカキと改めることはないのでしょうか。


さて、今回の鍋料理レシピでは、そんな勘違いから名前がついた牡蠣を使っていきます。


【牡蠣鍋】
★材料
牡蠣...10個 白菜...4分の1個 長ねぎ...1本 絹ごし豆腐..半丁 春菊...適量 しいたけ...3個 しめじまたはえのき...適量 人参...適量 だしの素(粉末)...適量 塩...少々 しょうゆ...少々 料理酒...少々 水...適量


★作り方
1、牡蠣はざるに入れ、水でよく洗っておきましょう。


2、白菜、長ねぎ、絹ごし豆腐、春菊、しいたけ、キノコ類を食べやすい大きさに切っておきます。
レーシック


3、鍋に1と2の材料を全て入れてから、塩、しょうゆ、だしの素、料理酒、水を適量入れます。


4、あとは火にかけて煮込むだけです。
全体に火が通ったら完成です。

この記事のカテゴリーは「海の幸鍋料理レシピ」です。

低カロリーの「カニ鍋」、北海道の名産「石狩鍋」、産卵前の冬から春がおすすめの「あさり鍋」、しょうゆ味の「牡蠣鍋」、スープも美味な鯛の寄せ鍋、美肌効果バツグン「アンコウ鍋」は女性の強い味方です。

関連記事

低カロリーの「カニ鍋」

今回ご紹介する鍋料理レシピは、「カニ鍋」になります。 カニは、低脂肪で低カロリーなので、ダイエットに最適な食材としても有名です。 カニは身だけではなく、甲羅にも栄養があります。 甲羅は免疫力を高め、腸...

血液サラサラ「あさり鍋」

今回は「あさり鍋」をご紹介しましょう。 あさりのおいしい時期は、産卵前の冬から春といわれています。 あさりを選ぶ時は、口がしっかり閉じていて、貝の表面が黒いものが新鮮だということを覚えておきましょう。...

美肌効果バツグン「アンコウ鍋」

今回は栄養満点で、かつ美容にも効果的な「アンコウ鍋」のご紹介です。 一見怪獣のようなグロテスクなアンコウですが、アンコウの肝臓は海のフォアグラとも言われるほどの美味です。 アンコウの肝臓の脂肪には血栓...

しょうゆ味の「牡蠣鍋」

今回ご紹介します鍋料理レシピは、「牡蠣鍋」です。 以前、味噌味のブロッコリー牡蠣鍋をご紹介しましたが、今回は「しょうゆ味」の牡蠣鍋になります。 牡蠣の名産地としては広島が有名で、秋から冬が旬の時期と知...

鯛を使った「寄せ鍋」

今回ご紹介する鍋料理レシピは、鍋の定番ともいえる「寄せ鍋」です。 寄せ鍋は、魚介類や野菜、キノコなどをだしで煮込んだ、栄養バランスを考えた鍋です。 今回は、めでたい席には欠かせない鯛を使っていきます。...

北海道の名産「石狩鍋」

今回ご紹介します鍋料理レシピは、人気の高い「石狩鍋」です。 石狩鍋は、石が入っているわけではなく鮭が入っている鍋です。 ではなぜ、鮭鍋とは言わずに石狩鍋なのでしょうか。 名前の由来は、北海道に流れてい...

肝機能を高め、老化抑制に効果的な「タラ鍋」

今回は「タラ鍋」をご紹介します。 「タラ」には、タラの芽、たらこ、サザエさんでお馴染みの磯野家のタラオちゃんと様々なタラがありますが、今回の鍋料理レシピに登場するタラは、白身魚のタラです。 白身魚のタ...